事故車の処分方法に困ったら

たとえ動かない事故車であっても、車を所有しているだけで税金がかかってしまいます。無駄なお金を使わないためにも、処分に困ったら専門の買取業者に買い取ってもらうか、ディーラーに下取りしてもらうのが賢明です。

不要な車の処分方法

模型

ディーラーに引き取りを頼む

不要な車の代わりに新しい車を買うつもりなら、ディーラーに下取りに出すことができます。事故車の査定金額を、新しい車の代金から差し引いてもらえます。ただ、破損が大きく価値がない車の場合は0円査定されることもあります。

買取専門業者に買い取りを頼む

買取業者は、中古車の販売以外にパーツの販売も行っているため、事故車であってもパーツが使用できれば買取ってもらえます。発展途上国などに販路を持つ業者は事故車でも高く売れるため、どんな車でも査定が0円になることはありません。

自分で廃車手続きをする

自分で廃車手続きする際は、まず解体業者を探して車を解体してもらった後、運輸支局に行って手続きをします。必要な書類を提出し、ナンバープレートを返却し、税金還付の手続き・申請をして完了です。業者に買い取ってもらえば、この工程は業者がやってくれます。

お得に処分したいなら買取依頼をしよう!

事故車のように一般的に価値がないとみなされる車は、廃車や事故車専門の買取業者に依頼するのが最もお得です。複数の業者の査定価格を比較して相場を知り、最も高い金額をつけてくれた業者に買い取ってもらうと良いでしょう。

引き取りと買取の違いとは

引き取りは事故車の査定が低い

ディーラーによる引き取りは、引き取り後に販売することを目的としているため、ほとんどの場合事故車は無価値とみなされます。0円で査定されるだけでなく、引き取りにいくらかの料金が請求されることも稀ではありません。

買取は事故車でも高額査定

事故車専門の買取業者は、国内外に事故車及びパーツの販路を確立しているため、車の形をとどめている事故車ならば査定の対象となります。ディーラーでは0円査定の車でも、10万円以上の高額査定が得られることもあります。

正方形バナー1

事故車の査定について【買取査定の流れをチェック】

自動車

長方形バナー2

長方形バナー1

長方形バナー3